男の人

フロン排出抑制法という法律を知っておきましょう

義務付けられています

内観

法律で設置が義務付けられているスプリンクラーであるが、火災発生時から消防が現場に来るまでの間にとても活躍してくる優れものなのだ。もしもの時に備えてスプリンクラーを設置するようにしよう。

View Detail

環境問題も考えよう

作業者

金額や価格の傾向について

現代ではほとんどの会社には業務用エアコンが設置されていて、夏の季節には強力な力を発揮するのである。しかも働いている人たちも快適な環境で仕事をしたいと望んでいることから、絶対に使わざるを得ない状況となっている。業務用エアコンの金額や価格の傾向については、ピンからキリまである。というのも、それぞれの会社が使っている業務用エアコンの種類によって大きく変わってくるからだ。業務用エアコンは普通のエアコンとは少し性能が異なっているので、一般的なものに比べると高い値段が付けられている。しかし、オフィスのような広い空間、多い人数が快適と感じる空調にするためには強力なエアコンが必要だ。

これまでの歴史や変遷について

業務用エアコンは一般家庭用のエアコンに比べると高価であるが、コストを抑えようとして一般家庭用のエアコンを設置するとかえってコストが掛かってしまう恐れがある。オフィスは広い空間に人数がたくさん存在し、パソコンのような電子機器も多いことから室内の温度は高くなる。一般家庭用のエアコンで室内を快適な温度にしようとすれば、フル稼働させなければならない。そうなれば必然的に電気代が高くなる。一方、業務用エアコンであれば、最近省エネタイプが多く出回っている。よって、安い光熱費で抑えることが可能だ。導入時の初期費用は掛かるものの、ランニングコストは抑えられる。業務用エアコンによっては、安い金額で提供している製品もあるため、コストを抑えて導入することも可能である。
フロン機器を使用する場合、フロン排出抑制法という法律に沿うように、いくつかの対策を取ることが求められる。フロン排出抑制法の対象となる製品などは、ネットでも調べることが可能なため、事前に確認が必要である。

施設では義務となっている

インターホン

火災が発生した時にすぐに異変を感知して消火活動をしてくれるスプリンクラーは、ビルや病院などの建物では設置が義務付けられています。また、義務ではないのですが、一般家庭でもスプリンクラーの設置を検討している人が増えています。

View Detail

古い建物は要注意

建築

ビルなどを始めとする建物が古いと、それだけで火災が起きた時に被害が大きくなる可能性が高いと言われています。特に古い建物にはスプリンクラー設置されていないところもあります。

View Detail

Copyright© 2016 フロン排出抑制法という法律を知っておきましょう All Rights Reserved.